スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感の2

YAHOO知恵袋で、信者さんが「お助けができなくて、智流院にもずっといけなくて悩んでいる。」
(要約)という質問がありました。
導き親さんから、「いつになったら恩を返すのか?。」と叱責されているとも書いてありました。

信者さんからの回答もあったのですが、
「重荷に考えないで、例え結果が出なくても、種まき、語るだけでも良いんですよ。その方の幸せを心から祈り、悩みを聞いてあげる、優しく接する、温かい言葉をかける、それだけでいいんですよ。結果は後からついてきます。」
とのことでで、以前、別な質問での信者さんの回答で、「何事もするのではなく、”してさしあげる。”ものだ(要約)。」という言葉がありました。

一見、清く正しいことに読めますが、果たしてどうなのでしょうか?

第一に感じる違和感は、”おたすけしてさしあげる(へりくだっているようで実は上から目線)”ということです。
第二に、現世利益を求めない、ということなのに、何の種を播くのか?
ということを感じますし、私はこれらの考え方が全く理解できません。

例えば、悩んでいる友人や、大きな荷物を持って困っている人を助ける、電車で老人に席を譲る。
家族の食事を作る、掃除をする、世話をする、話す、遊ぶ、介護する、看病する。
今まで一度も「してさしあげる。」なんて思ったことはありません。
「たすけてさしあげる。」なんて一切思いません。
「やらなきゃ。」だけです。
結果として、”それが種まきになる”なんて応報は一切考えません。

これらの行為・行動に理屈なんてありません。
「たすける」「してさしあげる。」なんて以前に体が動いています。
全く意識していないか、もし意識したとしても、「●●のためにやらなきゃ、当然のことだもの。」です。
かといって、へりくだってやるつもりも、助けてやったんだから感謝しろ、なんてーのも思いません。
”当然のこと”で別にそれで何かを期待するわけでもないです。
もちろん、それで相手の助力になって良い方向に進めばいいなぁという気持ちはありますが、それこそ無為の行為です。

※「無為」=自然のままで作為の無いこと、もしくは仏教で因縁によって生成されたものでは無いもの。

状況の中で「助けなきゃ!。」と思ったり、意識的に自分に「助けてあげないといけない。」と決断を促すことはあれど、無意識下でやるべき行為のことを殊更大きく「してさしあげる。」と定義づけるのは、感触がなんとも悪いです。
そもそも、そこまで意識付けしないとできないものですか?
何がその行為を裏付けるのでしょうか?

自分が受ける側の人間なら、自然としてくれた行為に対して感謝しますが、「やらせていただく、してさし上げる。」なんてされたら、むず痒いですし、相手から「してさしあげる。」と思われるほど、私は上位の人間ではありませんし、その種まきの結果が、精進や修行に繋がって霊性を高めるって、信者さんが反苑者によく書き込む、「現世利益を求めているだけ。教えをわかっていない。」が当て嵌まりませんでしょうか?

”慇懃無礼”という言葉をご存知でしょうか?
私の大好きな広辞苑にはこう書かれています。
”うわべは丁寧なようで、実は尊大であること。”印象はまさにこれ、ぴったりです。

私は以前交際していた相手がいました。
体が弱くて小児喘息が大人になっても治らず、両親と折り合いが悪く、一人暮らしをしていました。
私は半同棲状態で看病や通院の手伝いをしました。
酷い時は、かなりの頻度で重度の発作を起こし、夜間病院に連れていきました。
「少しでも相手が楽になれば、苦しそうにしているのを見てられない。」
そんな気持ちだけで”してさしあげる”なんて思ったこともありません。

ある仏教系の新興宗教(真如苑では無い)の教徒さんが、私のこの事情を聞き、こう言いました。
「あなたは(喘息持ちの)相手に尽くすことで功徳を詰まれている。苦しい状況を助けることであなたはきっと救われます。」
へーそんなもんですか?
とも思っていましたが、でも、(喘息持ちの)相手にとっては「自分自身があなた(緋色)の苦しみそのものなんだね。」ということなのです。
※うっかり口を滑らせて喋ってしまったのです。
本人は好きで喘息持ちになったわけではありません。
遺伝や環境的なものです。
(そういや、これも信者親は、相手の先祖が悪くてって言ってたなぁ。)
因縁の話でいけば、相手は私の苦しみの因縁そのものです。
ですが、冗談じゃありません。
こちとら好きでやっているのです。
たすけてさしあげる、なんて思ったことは一度もありませんし、相手のことを、自分の苦しみの因縁だなんて思ったこともありませんし、自分の霊性アップ!なんて思ったこともありません。
相手にしてみたら、この苦しみは緋色と出会うための因縁だったってことで、納得いかないでしょう。
裏を返せば、緋色のせいで苦しむことになった、とも取れますよね?
私は相手を苦しませるために産まれた、なんて納得する人間がどこの世界にいるのでしょうか?
この状況で「してさしあげる。」なんて立場で接したら、相手は喜んで受け入れるでしょうか?
行為を受ける立場なら、自分自身が罪にしか感じませんが如何でしょうか?
結果として、相手を貶める心理行為ではないでしょうか?

話が横道にそれましたが、何が言いたいか?
おたすけや、たすける、なんて行為は無為にやるもので、意識的にやるものではない。
ましてや”精進”やら”勧誘数で智流学院入学権ゲットだぜ”という人参ぶらさげて、オオゴトにしてやるから、「おたすけしてさしあげる。」の心理の向こうにある、結局は勧誘者の現世利益=智流学院入学、霊性アップ、苑内での立場を上げたい、という欲望が透けてみえるから、慇懃無礼に感じるのでしょうし、繰り返し、周辺に優しく接して、種まきをする。」なんて、応報を狙ってやるべきものではないとも思います。
※「応報」=仏教用語で善悪の行いに応じて吉凶・禍福の報いを受けること。

これも、信者さんたちの思考パターンの一つです。
そして、私が違和感を感じる行為の一つです。

長々と垂れ流し文にお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

説得力大です

緋色さん

常々「あの一見へりくだった態度がいかに無礼なのか」をどうやったらうまく説明できるかなあ、と考えていましたが、その答えがまさにこの記事の内容です。

今後、色々と引用させてください。
真如苑の虚偽に、一層切り込めると思います。

Re: 説得力大です

虎の母さんへ

してさしあげる。
という心理は、一見、自分を下にして相手を尊重しているように思えますが、実はそうではないのです。
相手を貶めているのです。

混んでる電車の中で、健康そうな人に「お疲れでしょう?私の席をどうぞ!是非座って下さい!疲れてない?いえ、疲れているはずです!座ってください!。だって、あなたはそんなに強い人じゃないです。弱いんです!だから私の助けが必要でしょう?」と語りかけているようなものだと思います。
傍から見ると「何言ってんだこの人?。」という雰囲気も含めて。

駄文お恥ずかしいですが、御必要であればいつでもお使い下さい。
今後、同様なケースがあった場合、特に声をかけて頂かなくても大丈夫です。
お使い下さい。

真如用語一口メモ

ここのみなさまご存じとは思いますが。まだ用語に慣れてない方がここに訪れた時のために。

「種まき」とは

「お救け(おたすけ)」前段階の勧誘行動 好意の返報性による圧力をかけた後、たとえば「お寺に行っている」など信仰をにおわす言動をターゲットに話すなどをして 興味を持たせるまたは、慣らして行く行動を言います。一気に勧誘をし、ターゲットに逃げられないようにするための作戦のことです。

初信あたりでも、「お救け、種まきがんばります」なんて年間目標を誓ってたりしますよ。

ゆえに「結果は後からついてきます。」って信徒の言葉は、大変いやらしい話ですね。要するに「ターゲットは落とせますよ」って言ってるのだから。

Re: 真如用語一口メモ

コメントありがとうございます。

それってまったくもって、無為の行動じゃないじゃないですか?
(信者さんの発言が)心から気持ち悪いです。

いつも有益な情報ありがとうございます。

> ここのみなさまご存じとは思いますが。まだ用語に慣れてない方がここに訪れた時のために。
>
> 「種まき」とは
>
> 「お救け(おたすけ)」前段階の勧誘行動 好意の返報性による圧力をかけた後、たとえば「お寺に行っている」など信仰をにおわす言動をターゲットに話すなどをして 興味を持たせるまたは、慣らして行く行動を言います。一気に勧誘をし、ターゲットに逃げられないようにするための作戦のことです。
>
> 初信あたりでも、「お救け、種まきがんばります」なんて年間目標を誓ってたりしますよ。
>
> ゆえに「結果は後からついてきます。」って信徒の言葉は、大変いやらしい話ですね。要するに「ターゲットは落とせますよ」って言ってるのだから。

全く当てにならない

私も篤信徒の頃

よく「お救け」は言われ続けられました。

実は1人だけお救けをしたことがあります。

その人は後輩で、実質M親の計らいだったのですが、一回だけ一緒に(M親と3人で)悠音に帰苑したことがあります→その人はだいぶ嫌がっていましたし、私も無知だったので(その人はサンダルで裸足で来ていた→苑内では靴下を履かなければいけない規則だった)周りの信徒からは白い目で見られるし…

やがて、その人はいなくなり(学校を卒業し実家に帰郷)、私は事故を起こし配置転換させられ暫く別の店にいたが、これまたM親の計らいで出戻ってきた。

すると、実績が知らない間にM親のものになっているではないか

私も学校を卒業、実家に帰郷して数年が経ち、青年弁論大会を聞いたとき「ここの教えは『お救け』しかない」と感じ、実践

しかしながら、全く意味がありませんでした。


ここで私が言いたいのは

下心でいくら相手に尽くしても、相手は見抜きますし、苑信徒だからではなく、一般の人の方がむしろ出来ている人間(人格)だと思いますが…

私は篤信徒の頃にも薄々感じていましたが

心中では「たくさんの人をお救けするより1人にとことんまで尽くそう」とまで決めていましたが、

何でそこまでして智流院や会座に参加せないけんのかと思うようになり、今に至ります。

無駄な労力であり、それこそ、金も時間も自分も失います

苑では「自分を捨てる」と言われていますが、その点ではS会の人が言っていたのですが「自分捨てたらあかんがな」というセリフは賛同です

このような(苑漬けの)人生送らなくても、普通に平坦と過ごせることに気づきだしたじぶんであります

No title

「水ぶくれ真如苑」を読むまで気づかなかったことですが、参座や入業・卒業資格に対して「お救け」の人数が決まっているということがどういうことを意味するか、ということです。

yahoo知恵袋で悩んでいらっしゃる方にも伝えたいこと。それは、「大乗会に参座できるのは、信者の中の、3人のうち一人である」ということです。
こんな単純な数字のマジックに気づかなかった自分が情けないです。

3人お救けしなくては、参座資格が得られないということは、つまり、信者が40人いて、その中の参座資格者は最高で10人しかいないということです。仮に、参座したい自分が、40番目の信者だったとしたら、そこから更に3人お救けして、信者が43人にならなくてはいけないということ。

これが、チリューインともなれば、卒業資格にお救け7名ですから、80人の信者がいて最高で10人の卒業資格者がいるという計算。自分が80番目の信者ならば、更に7人お救けして、87人信者がいないとできないという計算。

信者が5万人いたとして、その中で卒業資格を持てる人数は最高で6,250人しかいない。残りの43,750人は、資格を得ることすらできない凡人(子のいない独立信者)ということになります。
ここで、子のいない独立信者43,750人のうち、750人がチリューインに行きたい、卒業したいと考えたら、有資格者の人数は 6,250 + 750 = 7,000人ということになります。7,000人が有資格者となるためには、その7,000人にそれぞれ7人の子がいなければできないわけですから、56,000人の信者がいなければいけないという計算。但し、この計算の算出根拠として、必ず一人の親信者に7人の子信者がいるという前提です。実際の運営上は、一人の親信者に対して2人の子信者しかいなかったり、というケースがありますから、もっともっと信者数を水増ししないと実情と合致しないということになりますね。

一歩引いて考えれば、ただのねずみ算だと解るのに。「お救けという功徳がなければいけない」と考えてしまうと、眼鏡が曇ります。

普通の人ならば、そんな資格が得られないのは当然のことでしょうね。

教師になる為のネズミ算

平成21年9月12日号某D週刊誌での如苑教師数は45,672人です。
智流院卒業のために7人お救けしなければならないならば、319,704人をお救けしなければ教師になれなかったことになります。お救けは実績なので、無断入信の人も教師が卒業するまでに辞めた人も含まれています。
実態は、秘密主義ですので地方支部の大祭参座者の立願人数、水ぶくれ真如苑(昭和62年)で筆者が20万人程度と見ている点など、推測するに20万人から30万人という数字が多く見積もっても出てきます。
皆さんの推測はどのくらいでしょうか。ネズミ算式に考えてみましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Yahoo!知恵袋参戦

合点承知の助です。
心強いです。

初心者です

わたしは、人より少し、ひとの心のなかをのぞくのが得意なんです


初めて真如苑に帰苑したとき感じたのは、みんなニコニコしてるけれど、腹の中はドロドロしてました

教えにしたがって、人に親切にしたり、霊位の向上を喜んだりしてるんですけど

やはり、本心はおもしろくないのです

小さな社会です


ただ、真如苑の教え自体は正しいです

教えるひとがヘタクソで(導き親さんとか)、なぜか、わざわざ苦しまないと、救われない雰囲気をつくってますが

そんなことはないです


お救けは、正しい教えを広めることで真如苑の未来を守る、という意味でひつようかもしれませんが

自分の霊位のためにお救けする、というのは

ほんらいの目的ではありません

会座にすわれるようになるのは、教えをまもったので、正しい教えを瓶から瓶にうつす

きれいな器ができたということです

なので、自分のためにお救けしたひとは、いつまでたっても霊位がもらえないので

いみがないです



あと、いちばん上におられる方だけは、正しいです

その他は、そうでもないです



入ったばかりなので、よくわかりませんが…

通りすがりなので、もぅこないかもしれませんm(_ _)m

Re: 初心者です

ええっと。

コメントありがとうございます。

ただですね、ちょっと書かせてください。

あなたのコメントは失礼ですが、矛盾とあなた自身の芯が見えません。

>わたしは、人より少し、ひとの心のなかをのぞくのが得意なんです
申し訳ないのですが、あなたがそう思っているだけじゃないですか?
分母数どれくらいの検証結果のうえでそう仰られるのですか?
あなたが心の中を覗いた、と思われる内容が”正しい”とどうやって検証できるのですか?
ただの自己満足なんじゃないですか?

私は仕事上、相手と接しながら言葉、動作から推測して相手の心の中を判断することがあります。
要するに心を覗いています。
つまりあなたと一緒です。
でもこれって、それなりに皆やっていることで、ことさら言うべきことではないですし、特別なことではありません。
営業系の仕事や接客をやっている人なら皆、そうじゃないですか?
私は今まで、自称、霊が見えるとか、霊感がある。
という人を何人も見てきました。
ほとんどの人が他に何も主張できるべき部分が無く、見えなくて立証できないことに縋って、それをキャラクターとしている、気の毒な人たちでした。
要するにかまってちゃんです。
申し訳ないがそれらの人と同じ人に見えます。
あなたが自身の誇りとし、よるべき部分が、人の心の中がわかるんです、なんて酷く悲しいことです。
見えないものばかりに頼っていると、足元を救われますよ?

人の心の中をのぞける、、、それで就職できますか?
明日の糧は得れますか?
できるわけがありません。
実地の結果も無いのですから。
それは現世利益と仰られるかもしれません、でも現世利益の何がいけないのですか?
子供が空腹でも、満足に服もおもちゃも買ってやれない。
教育もしてやれない、でも親は苑で修行してるからなんとかなるんです!なーんてことにはなりません。

もっと足を地面にくっつけて、自分をそういうキャラ付けで逃げないで、現実を直視して現実の対策をしないと、人生失敗しますよ?

>教えにしたがって、人に親切にしたり、霊位の向上を喜んだりしてるんですけど
>やはり、本心はおもしろくないのです
→ただですね。
逆に同好会的に楽しんでいる人もいると思いますよ。
僻地に新興宗教団体が入り込み易い理由って知ってますか?
他に娯楽が無いからです。

>ただ、真如苑の教え自体は正しいです
>教えるひとがヘタクソで(導き親さんとか)、なぜか、わざわざ苦しまないと、救われない雰囲気をつくってま>すがそんなことはないです
>お救けは、正しい教えを広めることで真如苑の未来を守る、という意味でひつようかもしれませんが
>自分の霊位のためにお救けする、というのはほんらいの目的ではありません
いやいや、書かれていることに矛盾があるでしょう?

まず、究極の他利行がおたすけなんでしょ?
文章を見ると、広めるために必要なんでしょ?
でも、仏性=霊位と真如苑はしているわけで、仏性を高めるのが真如苑ですよね?なんか矛盾していません?

>会座にすわれるようになるのは、教えをまもったので、正しい教えを瓶から瓶にうつす
>きれいな器ができたということです
>なので、自分のためにお救けしたひとは、いつまでたっても霊位がもらえないので いみがないです
あのう、これって誰かの受け売りですよね?
他の信者の方もそう言いますし、申し訳ないけど、他の仏教系の新興宗教の人も同じこと言ってましたが、他と何が違うんですか?
補足して、これに対して反論するなら、人間はそれぞれ実経験したこと、考え方、色々な経験がベースになっていきます。
これがその人の根幹でベースになります。
さらに、各自の色々な考え方は、前の方が積み重ねたものに、さらに積み重ね伝わっていくものです。
これは教えもそうでしょう、人を重ねるたびにその人なりの解釈がつながり、常に器ができようが不変なものなどあるのでしょうか?

伝言ゲームって知っていますよね?
繰り返すうちに言葉が変わっていく。
特にこんな目に見えないものを云々しているんだと、世代を経て確定したものなどないでしょう?。
だからこそ、真如苑自身、まこと教団のころから考えれば経典も主として頂く仏像も教理も子供霊も変わってきているわけでしょ?
そうなると、器ができても、中身は違うでしょう?

ましてや、霊位ってもらうものなんですか?

>あと、いちばん上におられる方だけは、正しいです
>その他は、そうでもないです
→根拠は?
ましてや↓なのになんで解るのですか?
>入ったばかりなので、よくわかりませんが…

少なくとも私は管理体制の杜撰さからして、上だろうが下だろうが正しいところでは無い、と思っていますし、上の人には上に立つ分だけ責任が必要なんですよ?
上の人にしか出来ないこともありますし、上に立っている人が正しいなら、何故、下に正しく伝わるようにしないのですか?

>通りすがりなので、もぅこないかもしれませんm(_ _)m

→かまいませんが、しつこく書きますが、目に見えないものに頼って目を背けるのはやめたほうが良いですよ? 目に見えるものをしっかり見据えないと、それこそ本当に不幸です。
あなたの文章を読むと、言葉の端々に受け売り、空しい虚勢、ご自身の中の不確定さに対する不安を私は感じます。
自己満足の人の心が読めるなんて根拠の無いキャラ付けや、新興宗教如きに逃げず、己の中に克己心を持たれることを心から強くお勧めします。

今のままではろくな人生遅れませんよ?
同類か同じ宗派内でしか人間関係作れませんよ?

あのぅ…

やっぱ心配で来てみたのですが

わたしを批判しても、どぅしょうもないですよ


わたしだって、ちゃんと見えているわけではないし、ょくわからないのです、ちょっと得意なんですと書いたんです

管理人さんにも、わたしがほんとぅにそうなのかわからないはずです

わかります、と言っても信じないでしょうし、意味のないことばでした


真如苑は、矛盾だらけですょ

じつはわたしも、クレーマーの1人です

よく事務局や経のかたにかみつきます

それで、思ったんですけど、事務局や霊能者の方でも、よくわかっていない人もけっこういます


たしかに、趣味の延長、コミュニケーションの場、といぅのは感じました
あと、ご利益もくてき、ナドナド…

受け売りがなんたらかんたら…と言っておられましたが

ただ、きき伝えるかたちの宗教なので、受け売りになるでしょう

わたしが始めた宗教ではないので


ちょっと、ほかに何て書かれてたか忘れましたが…

どうやってコピーするんですか

パソコンからならコピーできるんでしょうか

Re: あのぅ…

再びのご来場ありがとうございます。
携帯オンリーですか?
だと私はコピーの方法はわかりません。
ごめんなさい。

批判ととられたのなら、ごめんなさい。
正直、あなたの力が本物だろうと思い込みだろうとどうでもいいです。
ただ根拠の無いものに縋って生きていくのは辛いですし、哀れですよ?生き方変えたほうが良い人生がまってますよ?
哀れんでいる、ただそれだけです。

よくわからんのですが、文脈から察するになんでそんなに根拠の薄いものを信じられるんですか?

>思ったんですけど、事務局や霊能者の方でも、よくわかっていない人もけっこういます
質問があります。
それが”わかっていない”と定義づけられるのはあなたの能力のためですか?
わかってないから精進するのでは?完全にわかってたら一派作るでしょうし、もっと上にいるでしょう?

>たしかに、趣味の延長、コミュニケーションの場、といぅのは感じました
>あと、ご利益もくてき、ナドナド…
でしょ?日中新興宗教団体の近く通るとおばちゃんが井戸端会議しながら、ニコニコしながら話ている光景見ると、旦那さんは日中一生懸命働いて金稼いでるのにいい気なもんだなぁと思います。
だからこそ、おっしゃるように”よくわかっていない”のかもしれないですね。
でも、真如苑の勧誘のほとんどって、御利益目的で勧誘しますよね?

>受け売りがなんたらかんたら…と言っておられましたが
>ただ、きき伝えるかたちの宗教なので、受け売りになるでしょう
というか、なんでそんなに自分のことなのに他人事なんですか?
ただ聞き伝えるって自分の中で咀嚼しないんですか?そもそもの真言宗とも仏陀の言葉とも違うことを言っているわけで、起承転結って知ってますか?
起承で止まったら何も良い方向に解決しないでしょ?
不良品が出たら、原因を探る、どうしたら改善する考える。
そういう繰り返しで製品は作られますし、人間の質もそういうもんじゃないですか?
ただの劣化コピーと自らなるなら生きる意味は私なんかは全く無いように思いますですよ?
プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。