スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年者の信者

YAHOO知恵袋で時間のある時に真如苑がらみの質問に回答を書いています。

その中で時々、10代、、、未成年者の方の質問と書き込みを見ることがあります。
信奉している信者と、家族信者から強く勧誘されている等被害を受けているかどちらかなのですが、信奉している信者の書き込みは、「何を根拠にしているかわからないが、何故非難するのか?(要約)。」とか「鉄棒から落ちたけどたいした怪我はしなかった、これも信仰のおかげ(要約)。」という私にしたら悲しい内容でした。

前にも書きましたが、私は10代前半頃から親が嵌りました。
反抗期まっさかりで、それなりに頭でっかちでしたので、嵌りませんでした。
自分が何の疑問もなければこの10代らしい信者のように妄信していたのかと思うと、ひどく暗鬱な気持ちになります。
自分自身、親の話がでると友人が微妙な顔をしていたことを私は忘れませんし(気にしすぎなのかもしれませんが)、未だに「母さんから、お前のうち行くなって言われたんだ。ごめんね。」と友人に言われたことも覚えています。

今ほど当時は情報もありませんでしたし、伝達や調べる方法も私はわかりませんでした。
ただ反抗し、とにかく18歳になるまで待とう、絶対に大学に合格して一人暮らしをする。
この家を出て行く、この一念でやり過ごしてきました。

そのせいか、10代の信奉者の書き込みは「気の毒だな。この子苦労すんだろうなぁこの先。」程度の想いしか持ちません。
しかし、親が信者で未成年の書き込みを見ると、わが身を思い出し、的確なアドバイスもすることができず、ただ今は耐えるしかないことや、子供の身で親を説得させる手段はなかなか思いつきません。
周りに頼れる大人がいることをひたすら祈るしか手段が無いのがもどかしいです。


信者で子供を持つ方へ
子供は子供の理屈や感性があります。
ある程度、親側で道しるべを作ることは否定しません。
しかし、本人の世間体をつぶし、信教の自由の元にあなたの子供を、あなたの意志で信奉させるのは虐待以外の何者でもありません。
信教の自由の中には、信じない自由もあります。
ましてや、あなたがたの宗教団体の事務員が「無理やり勧誘することを辞めるようお願いしている。」と言っています。
あなた自身が何か強制されたことを受けいれられますか?
それでも良い宗教だから。
子供のためだから。
本当にそうなのですか?
冷静に振り返ってください、何がその団体を信仰して良くなったのですか?
あなた自身が悪い因縁になって、子供に影響を与えるとは考えられないのでしょうか?
あなたの行為その物が子供にとって悪い因縁になっていると思いませんか?






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

未成年でも教えに気づく二世以上がいます

信者親は教えの示す因縁の恐怖心から「子供も歩まさなければ不幸になる」という強迫観念があると思います。
もうそれは信仰の域ではなく悪徳商法に騙され続けている域になります。
そんな親以上の姿を見て悩む二世以上のコメントも見られます。十代ならばまだこれからですが、そんな親の騙されている姿を見て、同じような騙しの手口に引っかからない人材、更には騙しの手口を人に伝えられる人材へと育って欲しいと思います。

Yahoo!知恵袋

どれくらいのアクセスがあるか分かりませんが、かなり突っ込んだ内容が書かれています。
教団が施設の中で知らないことを美徳のようにさせていますが、知ることが身を守ることだと思います。

あったで

反苑の会に

確か

体験談があったで

凄く痛々しい内容だが…

2014.5.5

親父が信者です。私は結婚を考えている彼女がいます。彼女を親に紹介し、気にいつてもらいました。ところが親父が真如苑に別れなければ家が潰れる言われたそうです。それから、親父の態度は激変しました。彼女の前で理由もなく別れろ、彼女は泣いてしまいました。私、彼女はまったく真如苑などいったことがありません。なのに、何故私達が一緒になるとこの家を不幸になるときめつけるのでしょうか。私は一緒になるなら家をでていけと言われています。真如苑がなければ、父と彼女、3人で何の問題なく幸せになれる可能性があると思うのです

しもしもさんへ

キツイことを書きますが、お父様が信じている以上、これを短期間に脱苑まで持っていくのは容易ではありません。
問題は八方丸く収まることがベストですが、現実的には最低限維持したいものを守るしかありません。
まともに考えれば、新興宗教団体に子供の結婚を相談して反対されたから別れろというのは、まともな発言ではありません。
やっかいなのはお父様が不幸になることを信じていること、子供のためを思っていることが前提に来ていることです。
苑に相談するまでは彼女様を気にいられていてということですから、変な言い方ですがその時点で彼女様の人格や家庭に問題があったとはお父様は思っていなかったように思われます。

残念ながら、結婚は当人同士が良ければ良いという問題でもありません。
苑が無ければ、、、と言っても現実的に苑はあるわけで、短期間に脱苑まで持っていけない以上、すでにしもしもさんは盲信している信徒親を持っているというリスクを抱えています。
今後、人生の節目節目には苑に相談されて振り回されていく可能性も高く、仮に今、反対が無くても彼女さんも同様に振り回されていくことになりますし、彼女様はご両親に状況を報告や相談されている可能性もあります。
そうなると、しもしもさんは先方のご両親を説得する必要性もでてきます。
そのような親を持っている、、、ということを前提に考えて行動をしていかないと、繰り返しますがこのようなケースはずっと続いて行くはずです。


助言になっていないかもしれませんが
・お父さんに強くでれる、もしくはしもしもさんの味方になってくれる肉親と共通認識を持ち時間をかけて脱苑や干渉させないようにする。
・彼女さんにしたら、今後の人生に関わる重要な問題になります。
よくフォローしてあげてください。
・性急にことを進めず、苑の問題、信徒の考え方を理解し、現実的な仲間を増やし、彼女さんのフォローをしてく。
ことです。
私自身、親と絶縁していますが結婚時は義両親に時間をかけ理解してもらったうえで、信徒親と絶縁しています。
信徒親を変えることが難しいのなら、それにあわせて策をねることが大事です。
こんなくっだらないもののために人生を壊されるのはばかばかしくありませんか?
親は信仰の名のもとに好き勝手やっているのです、信仰は当人の中で許されるもので本来他人に強要するものではありません。

掲示板のほうでも相談をやっていますし、そちらでは他の方から助言も得れるかもしれません。
PCで当ブログを見ていただければ、相談メールフォームや掲示板がありますので、よろしければそちらもご利用ください。
プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。