スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認識の違い

接心(せっしん)を御存じでしょうか?
真如苑独特の修行(と称している)で、(苑の規定する)霊能者から問題に対して指針が示されるものです。
信徒の方に言わせると、「接心は当て物では無く、あくまで示唆や指針を示すもの。」なのだそうです。
ではなぜ、重大な決断が必要な際に受けるように誘導されるのでしょうか?

このブログに頂いた相談では、進学、結婚、出産、家の購入で接心を受けた(ちなみに信徒の方は”頂いた”と呼びます。)。。。
というケースでいくつか相談を頂いています。
結果として上手く行かなくても、苑側の人間は
「(接心を受けたあなたの)精進が足りなかった。」
「(接心を受けたあなたの)取組みが悪かった。」
と主張するようです。
接心は当て物では無く示唆である。。。。
でもこれって、苑側にとってはですよね。

中には藁にも縋る思いで(反面、脳髄反射的に受ける方もいるようですが)受けている片もいます。
大難が小難になると信じ、勧誘時に病気が治るだとか、トラブルが解決する、、、そんな言葉で勧誘している中で、その言葉は指針や示唆でなく希望になり、示唆では無く必然であって欲しい、、、と願い、考える方が出てくるのは当然のことではないでしょうか?
そこに縋らざるおえない状況になっている人間に、苑に繋がれば守ってもらえる、良いことが起きる、、、と言っておきながら、重大ごとの判定に誘導し、結果、示唆だ、当て物では無い、、、というのは詐欺のように感じます。
それとも騙されたほうが悪いのでしょうか?

「確実に完全に改善する手段を与えられる、、そうは言っていない。示唆だ。」
であるのなら、「解決する。」「改善する。」そのように解釈するほうが悪いのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

信者とは世界観と言いますか、背景が違います。
徐々に霊による働きかけに現在の状況が左右されているという背景となり、人の知らない力によって不幸にされ、教えの力は絶大だけれども、その力に浴するためには教えに貢献しなければならない背景です。
信者は修行の中で、言葉を変えられながら「教えのお力に守られる安全」、「教えのお力に浴さない不安」等を植え付けられながら、教義の矛盾に気づくことを恐れさせられて、時には感情を使いながら意図的に自分が快適な心理を保とうとします。
その心理を保とうとする取り組みや、信者や教えに都合よく実践される現実が、実際問題、非信者との軋轢を生んでいます。
教え絶対の背景が信者に根付いてしまうと、反論しない人までも教えの勧誘対象とされて信じないとしても罪のように思われてしまいます。
信教の自由も教えに都合よく使われながら、勧誘される人の信教の自由も教えに都合の良いように解釈されながら信者が行動するから、被害が出続けるのが実情だと思います。

一闡提さんへ

新興宗教の問題点は価値観や判断基準が団体に依存するようになることだと私は思います。
背景や世界観が違う原因はこれです。
それを信じる姿は私は異常を感じますし、それが正しいと思い込む姿は洗脳だと思うのです。

背景や思考が異常でも人に迷惑を及ぼさなければ思想、信教の自由です。
しかし、残念ながらこの教えは、信者をゆっくりとお力に欲すことを許しません。
むしろ信じないのが異常であるかのように、否定する人は無知な人であるかのように、ある時は攻撃的に、ある時は秘密裡に信じさせようとします。
その様な迷惑行為に一人悩まず対策してほしいです。
幸い私のアメブロのアクセス数が、明日の特別な日を前に上昇したことで信者からの勧誘に距離を置ける人が増えることを望みます。

No title

中毒状態ですよね。
それに対してその信徒が教えを理解していない
歩みを間違えている
そんな回答をする信徒の答えはピンとはずれに感じます。

信者の思考には法則性があります。それは教義の法則性でもあるでしょう。
・良ければ教えのおかげ。悪ければ修行が足りない。
・どこまでも教えを信じていく。どこまでも教え批判を認めない。
・どこまでも教えを肯定的に言う。どこまでも教えに否定的な言葉を認めない。
・どこまでも教えにとって良い情報を提供する。どこまでも教えにとって悪い情報は秘密にする。
こちらはどこまでも教えの手口を伝えないと、徹底した上記の思考で信者は被害を及ぼし続けるでしょう。
プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。