スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸悪の根源???

ちょっと前にYAHOO知恵袋で回答しているある真如苑の信徒さんから、彼らの作った意見(?)交換用の掲示板のような場所で意見交換?を求められたので行きました。
(彼らとの約束があるので、そこのURLは書きません。)

多少のやりとりを私はしましたが、その掲示板では現在、ホストの信徒さんが一方的にろくに回答もしないうちに逆切れして打ち切ったような形ですが、
----
2014/12/11 現在 再開しているようですが、質問者さんへのホストからの根拠の無い非難、勝利宣言をしている状態で、質問者さんが2択問題にしているにも関わらず、明確な回答をしていません。

----


別な非信徒の方と議論をしており、その議論が完了していないのでホストさんの混乱を避けるためにも私はそのページには今は書きません。
とはいえ、このホストさんは過去のやりとりから言葉が通じないことも知っているので、正直に心情を書けば議論もなにも書く気もないのが本音であったりもするのですが、後述するやりとりで尚更にこのホストさんと議論や会話する気持ちが萎えました。

ホストさんは「AはBだからCだと思います。」
という考えに対して「だからDはFだ。」という回答をしてくるので、これも本音ですが”疲れます。”
これは、私が信徒親とその取り巻き信徒と議論した時にも経験したことで、トラウマが絶賛フラッシュバック中でもあります。

ホストさんは、、、というか、苑は絶対に正しいと願い信じる信徒の方の中には会話が成立しない方がいます。
絶対的に苑は正しい。
(アンチが言う)被害はやった信徒が悪い。
この2つの意識から出ず、これを考えの基準にしており、理屈や道理が通じないのです。
これではこちらが徒労感を感じるばかりです。

さて、横道に逸れました。

どのようなことがあったかというと、私の過去の経験に関して、私は求められこのように書きました。
--以下要約--
私の信徒親は、苑に行くことを拒否した私に対して殴りました。
怒鳴りました。
「家族が不幸になる、だから行こう。」
親は必死で説得してきました。
そりゃあそうでしょう、家族が信仰しなけりゃ家族が不幸になると言われてるわけですから。
というようなことを書いたのですが、この方、こう書きました。
----------
注意:以前同じことブログでも書きましたが、信徒親の名誉のために書きますが、そりゃあ尻を叩かれたり、頭に拳骨程度はありますが、こちらが引くようなレベルの状態になるのは苑が絡んだ時だけです。
常態的に暴力をふるっていたわけではありません。

しかし、このようにコメントをしてきました。
------------
つまり、家庭内暴力じゃなくて、
あなたの両親を「勧誘」した奴が、諸悪の元凶なのでしょ。
-----------

だそうです。

前提として、もともと私は家庭内暴力なんて問題にしてません。
家族の意志を無視してまでワケノワカンネー新興宗教を盲信している状態に問題を感じているのですが、この方は、以前にも「(信徒の起こした信仰な関わる)暴力は警察で解決すれば良い(要約)。」そうで、問題の本質が見えていません。
何故、あんなに必死に親は私達を勧誘したのでしょうか?
暴力はあくまで結果であり、原因ではありませんし、ましてや勧誘した人間が諸悪の根源だ、、、なんてわけがありません。
信仰し、信じた親にも原因はあります。
親のことを信じられず拒否した私にも原因はあります。
勧誘した人間にも原因はあります。
勧誘せざる負えないような状況、環境をつくる要因になった苑にだって原因はあります。
どれか一つが諸悪の元凶だ、なんてことは決して無い筈です。
ホストの方の考え方はまさに、苑の事務員、苑を擁護する信徒が良く書く「やった信徒が悪い。苑は素晴らしい。」です。
アンチの書く批判、問題の根本を理解していません。
「何故、勧誘した人間は、勧誘をしなくてはならなかったのか?」
この観点が抜けていると思います。

一体、利他の教えとは何なのでしょうか?
他人のためを考える。
本当に考えているようには私は思えません。

このような言動が表だって書く苑が素晴らしいという言動と実際の言動の乖離を産み、猶更、不信感を感じます。


<補足>
苑を否定した結果、その場で信徒親の関係信徒に殴られ、蹴られた私は怪我をしました。
しばらく通院が必要なレベルだったこともあり、相手に治療費等を弁護士を挟んで請求したのですが、この行為はこのホストさん曰く
”商売人根性”
なのだそうです。


私は「苑を否定した結果、関係信徒に殴られた。」と書いているにも関わらず。
-------------------
この真如苑の信徒は「信仰がどう影響したのか?なぜ貴女が、この事件を信仰のせいにするのか?
読む人に伝える文章が、一体どこにあるのですか?
そもそも民事の示談と、被害届の取下げとは、本来は別個の話であって、取下げを餌にして示談を要求するならカネをせびる卑屈さ>公法をダシにしてカネ儲けする、商売人根性じゃぁないのか?民事と刑事(私法と公法)を、意図して混同させてカネ儲けする卑しさを、私は卑下します
--------------------
だそうです。
これが、利他の教えの教徒の考えなのかと思うと呆れるばかりですが、利他の教えなので殴った相手を気遣い、反抗も治療費も通院代も怪我をさせられても請求もせずに全てホストさんは我慢されるのでしょう。
素晴らしい。
もちろん皮肉です。
当然、この方は何かの際に怪我をさせられても請求もなにもしないんでしょう。
卑屈で金儲けなのだそうですから。
事故にあっても保険会社も何も使わず、相手に請求もしないのでしょう。
卑屈で金儲けなのだから。

補足しますが、
私は当初、「苑を批判したところ、殴られました。」と書きまし、それ前提で話をし、「警察には相談しましたし、被害届も出して最終的には弁護士挟んで示談にしましたが?そこまでいちいち書かないといけないのですか?」と書いたのですが、それに対してのコメントが”餌に””商売人根性””金儲け”です。
自腹では納得できないレベルの治療費がかかり、通院の交通費、仕事を休んで通院をしばらくしました、納得できない理由で怪我をさせられました。
それが、金儲けなのでしょうか?
新興宗教を否定したら殴りかかる人間、加害者と何故、直に交渉しなくてはならないのでしょうか?
これ以上のトラブルを避けるために弁護士を挟むことのどこが威圧なのでしょうか?
被害届を出した後、加害信徒の家族から謝罪を受けました。
相手のご家族も信仰を持つ信徒家族に苦労されていたので、お話をする中で結果として治療費のみ受取り、かわりに被害届を取り下げたというのが正確な経緯なのですが、勝手に威圧したの、商売人根性だのヒートアップしているです。
”否定したら殴られた”という経緯と結果が話の主体なのに、事後の話に絡まれては話は進むはずがありません。
まさに
ホストさんは「AはBだからCだと思います。」
という考えに対して「だからDはFだ。」
という理屈です。

もっともこの方は、別な差異に細かく説明を書いたのですが「冗長な文章だからもっと簡潔に書け(要約)。」と書くので一体なにがしたいのだかさっぱりわかりません。

話が長くなりましたが、新興宗教を盲信することで怖いのは、破たんした理屈をそれが当然だと信じる視野の狭さも怖さの一つだと思います。
苑は絶対に正しい、美しい、素晴らしい。
そう信じる姿勢が問題の一つだと感じます。

スポンサーサイト
プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。