スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交わらない議論

今、知恵袋で信徒の方から質問を受けています。

その質問←クリックすると開きます。

実際の質問はこれ↓
123
 

私が以前、別質問に書いた回答で

”「仏教の概念で因縁を絶つという概念は無い、輪廻転生から解脱する。」ということはあります。”

と書いたのですが、信徒の方から「あなた(緋色)の解脱の解釈とはなんですか?(要約)」

との質問でした。

この方は実は複数の苑を肯定する内容の知恵ノートを書いています。

ノートの内容も要約すれば、仏教系の解説本等から引用し、その引用を基に、

「だからこそ”おたすけ”も”歓喜”も正しい。そして苑は正しく仏教を継承している(要約)。」
と言う内容です。

部分的にそれはどうなのよ?こじつけでしょ?とは思う部分もありますが、アンチの立場からみても決して書いている内容(仏教の用語の解釈としては)はさほど間違っているものではありません。
今回の質問で彼が引用している本からの解脱の解釈の引用文も決して間違ったものではありませんし、私もほぼ同様な認識です。

しかし、だからといって、苑が正しい、苑は良いというものではありません。
ハード面の穴、、、、
・杜撰な入信手続、負担にならない年会費
・ぱっとみわからない入信書式
・智流学院、霊位に必要な勧誘数
・接心などでの、おたすけの奨励
・因縁が切れない、苑でしか切れない、因縁を餌にする方法
・守ってもらっていると信じ込ませる環境
・本人に行かない請求書
・人数のわりに少ない教えられる人数
・苑をあげての無断入信などの改善、注意勧告、厳罰などの実施が無い。
や、過剰な信仰、依存を持つに信徒が至る工程を肯定できるものではありません。
注:この工程は苑という存在無しに成立しません。

以下は、マルチ商法での勧誘の流れですが、彼(女?)の理屈は要するにこれです。

---例文―--
ある場所で、ある会社の営業マンがプレゼンをしています。
そして、かれはこう言いました。
「うちの会社のこの製品は伝統的なデザインを有している大変素晴らしい製品です。それに会社の創始者は某大手メーカーに居ました。某大手の後を継ぐのは当社しかない!私はそう思っています。しかもこの手のビジネスモデルを業界でいち早く作ったのもうちの創始者です。」
↑ここまでがこの信徒の知恵ノートでの理屈

↓ここから先がアンチの否定する実態
「そこで!この素晴らしい商品の売り方なんですけど、あなたに買う人を探してもらって、この製品を宣伝してください。売れればあなたにキックバックが入りますし、買ってくれた人がさらに別な人に売れればさらにキックバックが入ります!。良い商品ですから相手のためにもなります!」
と営業マンはこんな感じで言います。
しかし、実際はマルチの場合は売れても売れなくても、営業時のカタログなどの商材は自分で購入しなくてはならないのです。
説明の場を設けたり、売るまでに結構細かくお金がかかります。
ですので、買ってくれる子を数多く確保できなければ失敗し儲かりません。
販売実績の無い子に対して親がなんていうかご存知でしょうか?
「あなたの販売努力が足りない。」
「製品への愛が足りない。」
「良い製品だから必ず売れる。」
と言うのです。
しかし、それで家計が破たんしても、売るために周りに迷惑をかけてもこの会社は一切責任を取りません。
親はこう言うはずです。
「販売する努力が足りなかったんですよ。売り方を理解してなかったんじゃないですか?」
「当人が悪いんです。」
という理屈だからです。
数々の成功談をしてあれだけ盛り上げて、努力をすること要求したうえにです。
そのころには親戚にも親にも友達にも煙たがれられていてマルチ関係の人間関係しか持っていないはずです。

従って、
苑の正しさ、素晴らしさを論じて被害が減るわけがなく、アンチの苑を否定する心を消すことはできません。
本流だということが、実際に被害を受けた身に何が通じるというのでしょうか?
いくら本流と唱えたところで、批判を止めるわけがありません。
「そうか、、本流か、、、批判するのは間違ってた、うん、苑は素晴らしい。」
そんなことを言える訳がありません。
今、勧誘を受けている人に向かって、「仏教の本流で解釈も間違っていないけれど、こんなトラブルもあるよ。」なんて書けるわけがありません。
本当に何故、信徒はアンチの書く”被害”に目を向けてくれないのでしょうか?

例え教えがどんなに仏教に基づくもので良いものでも、それでまわりが不幸になる原因になったり、誘発するなら、そんなものは一切衆生を救う仏教ではありません。
というより宗教ですらありません。
その人が歩み方を間違えているで済む問題ではありません。
亡くなった子供が信徒の苦しみをうけ、今も信徒を守るなんて解釈はありません。
因縁を絶つ、ましてや苑でなければ因縁は切れないとうそぶく信徒の行為を、それを管理もせず、ハード面の穴を改善もしない苑を肯定するものではありません。

要するにこの方は「苑は正しい、教えを理解していない人が悪い。」ご大層に引用を引き出しても、よく信徒が使う理屈となんら変わらず、その言葉に重みも何も感じません。
感じるのは、気持ちの悪さだけです。
「ああぁこの人も盲信しているんだ。」という絶望感と、こんな人を家族、知人に持った場合、どう対応していけば良いのだろう?
考えこんでしまいます。
そんな方へ信徒はこのような考え方なのだと知らしめるのがこのブログの役目だと思います。

もし、同様なことを言われた方へ
程度の差こそあれ、各団体で解釈が違うのは仕方がないことです。
しかし、自分のところは力がある、正しい、と主張するような団体は信じるべきではありません。
「あー、そーなんだー、へー、でも興味ないやぁ。」で聞き流したほうが身のためです。
実際はこやって理屈づけて反論すると、あさっての方向から反論が始まり堂々巡りになり大変精神的なエネルギーを使うことになります。

興味を持たない、関わらない。

それが一番まわりにもご本人にも負担のかからない方法です。
いつも書きますが、新興宗教は過剰な信仰、依存心を持つ信徒が発生しやすく、それは当人、まわり、苑、それぞれに原因があります。
ならばそんな危険にあえて飛び込む必要もなく、また当人が真摯に信仰しても、おたすけという要するに勧誘しなさいという教義がある以上、勧誘をすることになります。
勧誘した結果、相手の家庭や相手を不幸にしても、「教えを理解していなかったから。」で済む問題ではありません。
相手を不幸にした場合、どうやってあなたは責任を取るのですか?
できないはずです。
ならばやっぱり、限度の無い信仰、依存を持つ可能性のあるものに接するべきではありません。

おっと話が逸れました。
要するに議論の主題がどうであれ、盲信している方とは議論がしにくいということです。

いいなぁ、向こうは信仰に逃げれるから。
困ったら苑にすがれば良いのですから。
スポンサーサイト

自爆する信徒の理屈

YAHOO知恵袋で、
お母さんが信徒で、周りの信徒も良い人ばかり、ネットで悪い内容を見たので不安になった(要約)。
という質問がありました。

それに対しての回答が、とても悲しい内容でした。

知恵袋

私は苑、、、というか新興宗教の危険性は、過剰な依存、信仰を持つ信徒が出やすいことで、まわりに迷惑をかけない範囲で信仰するなら何も文句は言わない。
ただ、自分は実体験として嫌な経験をしているし、その危険性を知っている。
だから「苑は何か?」と聞かれれば危険性を説く。
というのがスタンスです。

そのスタンスに基づき、ある回答に対して書いてみます。
(この方の回答は、論旨の飛躍、こじつけ、責任転嫁、と信徒の回答としては最適なサンプルです。)
青字がその記事
その下に黒字でコメントを書きます。

特に心配されているのは金銭面でしょうか?

お布施は嫌々したならば毒になりますよって戒められます。
→そもそも意味が判りません

お布施を歓喜と真如苑で呼ぶのは、自分の喜びの分だけをお布施してほしいからです。
→そもそも意味が判りません、これだけ読むと上限が無いともとれます。
開祖は救われた人だけのお布施で教団を運営していきますと
お不動様に誓っているので、強制などあるわけがありません。
→ハイ、嘘です。 護摩、接心、星札、テレカ、etc,etc グッズやイベントで金がかかります。またグッズを作っているのは一如社という関係団体が製造しています。
強制等あるわけがない。大笑いです。
「お布施しろコラァ!」と言う言い方はしません。
当たり前です。
まわりは信徒という場をつくり、先祖のため、困難に助言を頂くため、という形で結果的に強制となっているケースがあるのが実情です。
”遠回しな強制という状況を作っている場合がある”これが実情です。



神社やお寺に行くときにお賽銭を投げると思いますが、
お賽銭箱に手を突っ込んででも返してもらいたい金額を投げる人はいないでしょう。
金額すら覚えていないのではないでしょうか。
私がお布施する時も金額は適当で、惜しいなと思う金額はしません。
→はい、ここで論理の飛躍が起きます。
通常の神社等への賽銭は完全任意です。
というか、信徒以外は苑に行きません。
神社へは誰でもお参りができます。
不特定多数が行くものと、特定少数の人間が行くものを比較対象にするほうがどうかしています。
比較するなら同じレベルのもので比較しないと意味がありません。
子供が腕立て伏せを10回できるのと、サルが腕立て伏せを10回できるということを同列に語ってもなんの比較も意味もないのと一緒です。
苑、、、というか新興宗教団体の場合、もっと精進しなさい。という形に話が誘導されます。
苑の場合、多くの方が施餓鬼で「硬貨よりお札にしたほうが良い。」「気持ちだけで良いけれどなるべく多く。」
という誘導を受けています。
前提として苑のおかげで大難が小難になっていると認識している人間が同好の士からこのような言われれば、そういうもんかと思います。
状況がうまくいっていなければ、接心も受けるでしょう、施餓鬼もするでしょう。
選択するのは当人、という免罪符のもとその誘導は肯定されるわけです。




いくらお布施して下さいとは言われませんし、チェックもありません。
精進の申告をする機会が会座申請でありますが、
お布施は選択的なもので必須という位置づけではありません。
金額の申告もありません。

霊位や教師バッジがお布施の金額で左右されることはありません。
→でも勧誘数は規定されているわけです。以前は歓喜の金額が設定されていたとのも聞きます、露骨に金額が設定されていたようです。 今でも●●万歓喜した、、、と家族が言っている、、、という相談は受けます。霊位取得でも実際には過去何か月以内に参内したか?とか、歓喜の回数の規定があります。
左右はされずとも最低限の規定があるわけです。


2004年に出版された宗教経営学という本によると
真如苑の職員数は、80万人以上の信徒を抱えているにもかかわらず、
同規模の宗教団体が1300人抱えているのに対して
450人程度だそうです。

よって、職員の生計を維持するための強引な布施に走ることはあり得ません。
法要での込み具合を考えても、無理なペースで精舎が建設されているとは認められません。
信徒がご奉仕しますし、お金がかからない宗教団体の一つ
として太鼓判を押されても良いのではないでしょうか。
→そもそも、団体職員数と信徒の対比なんて批判の主題とはなんの関連もありません。
むしろ「管理する人間が少ないんですね!」という状況をさらしています。
おそらく、これは私が「苑の施設は全国にあり、立川の本部や河口湖の施設はとても広くて素晴らしいです。2億の仏像を落札もしています。」と書いたことに対して書かれたのだと思いますが、
そもそも無理か無理じゃないペースかなんてこちらはわかりません。
無理か無理ではないかは団体当人でないとわかりませんし、資金に余力があれば箱ものやそれこそまた仏像を購入するでしょうし、現実として新しい箱ものを作ろうとしていますよね?
ふっしぎですよね、後の文章ではペーパー信徒が多いように書いていますが、それならあえて新しい箱ものを作る必要はありません。
それに宮城県の支部は震災後撤退し売却しましたが、新規建設の予定もありませんよね?
と言うことです。

比較材料としては、近くの地元の伝統系の団体や大手の団体と比較しても”金回りが良い”ということです。
無理なペースかどうかは知りませんが、建てるにはお金が必要でその資金を得る資金力が苑がある。
ではその資金力の根源はなんなのか?
信徒のお財布なんでしょ?
年会費安いのになんでそんなに資金力あるの?という話です



接心、会座、おてんく、護摩、色々ありますが平均して月数千円ではないでしょうか。
智流学院という苑の教育機関は確か年間で数千円です。
これは3年で卒業です。
嘘です!智流学院の入学時に必要なのは勧誘世帯数の規定と年間授業料約3万です。
他にも金額が必要です。
入学案内のパンプに記載があることを確認しています。


>母は娘の私が言うのも変ですが、自分の事より周りの人の事を考えてあげられるような人です
真如の教えとはあなたのお母さんのような人になる事です。
きっとお手本にされているでしょうね。

ところで、宗教経営学という本によると
1989年の宗教年鑑では真如苑の信者数は259万610人だそうです。
カードリーダーの導入で正確な人数をはじき出せるようになってからは
その4分の1に減ったようです。
真如苑では精進願いを提出しただけでは、信徒として文科省に報告せず、
接心を受けた人を信徒として届け出ているのでしょう。

だから何?文部省に申請している方法が何?

カードリーダーを通すのは接心の時ですのでこのように考えることが自然です。
これらの事実から何を言いたいかというと、
真如苑の信徒といっても信者ともいえないような人もひとくくりにされるということです。

→・・・私が支部に行った時は施餓鬼やお札の申し込みの自動販売機のようなものに信徒カードぶちこんでましたが?

ペーパーだけの人はお寺の参拝料を事前に支払済みのような人で信者とは思えません。
無断入信などと騒いでる人がいますが、カードリーダー導入前と後の信者数の差、
入信願いから精進願いへと名称変更したこと、その実質を考え合わせれば、
ペーパーだけの人は信者とは言えません。
→ペーパーだけの人が信者がどうの、、、というのは批判の答えとして意味がありません。
批判する人間はペーパー信徒だと言いたいのでしょうが、中には身を削る思いで信仰し、裏切られ、辞めた方、十数年真摯に修行されて辞めた方もいます。
そういった方たちにあまりに失礼です。
そもそも、このペーパー信徒が無断入信や強制入信させられた方が組み込まれるカテゴリではありませんか?

私の場合批判しているのは、無断で入信手続を行うことができるシステムです。
それを許容する苑の管理姿勢です。
ペーパーの信徒が信徒ではない、信徒といえない人もひとくくり
ってこういうのを論旨の飛躍、というのです。



さらに、公称の80数万という数字も実感としては多いなという気がします。
帰苑した時に教師バッチを付けた人がどの程度いるかで判断すると
80数万がみな信じて精進しているとは到底思えません。
霊位や教師資格に関係なく心から信じている人こそ信者と言えると思いますが
それは、公称の80数万ではないと思います。

ではどれくらいの人が本当に信じているのかというのは
数字では表せないのですが、教師の数がそれを考える上で参考になると思います。

教師数というのは現在5万程度だと思います。
教師といっても信心が盤石とはいえないのに、5万しかいないのです。
霊能者の数はさらに少なく教師の25~30分の1です。

以上のように信者を文字通り信じる者と考えるなら、元信者を名乗るアンチの方は
元信者と名乗る資格が本当にあるのかすら疑問です。
→これも論旨の飛躍です。
この方は墓穴を掘っています。
「教師の数が少ないから、信徒数が多いから管理しきれていない。」と暗に示しています。
元信者と名乗る資格、、、これも墓穴を掘っています。
まともな信徒に教育の結果育てることができるのは一部の、、、ごく一握りの信徒で教えを理解していない、できない信徒を産みだしている。
とこの方は逆に書いているのです。
それってとても怖いことです。
教えをきちっと理解できず暴走する信徒、依存する信徒も出やすい、だって教師の数が少ないから管理もできないし、、、と信徒自ら公言しているのです。
虎の威をかるキツネが出てしまいます、、、とも言っているのです。




実際に信仰もせずに知ったような口をきく方はさらに問題外で
ただかき集めた不正確な情報と共に、
真如苑とは全く関係のない持論を持ち出します。

→精進願いの書式は?騙されていつの間にか入信させられていました。
勝手に入信させられていました。
教えが!教えが!と言うので困る。
何が不確かな情報なのでしょうか?
何をもってどう不確かなのか?
明示してみて欲しいものです。
どうせ出来るわけもないのですが。



教師資格や霊位があった人も結局はただのご利益信心で
化けの皮が剥がれたとしか言えません。
本当には信じていなかった言えます。
このような方が恥ずかしさもなく
元「信者」と名乗り回答していることには首をかしげます。

来るもの拒まず去るもの追わず、ですので真如苑では様々な人が生じます。
反苑の立場の人のブログを見ると、
長い信仰年限の割にはほとんど向上していないにもかかわらず
まるで何もかも知っているかのようです。
→人により考え方は違います。
理屈も根拠もなく、教えを理解していないだけ、とかまるで見当違いの数字を出してくるよりずっと信用が私はできます。

実はよく読んでみるとこの文章、意味がわからないのです。
御利益信仰を持った人でも教師や霊位を得れる
それも見抜けないのは、管理者できる人間が少ないからということです。
相手のためにしてさしあげる、という団体なのに!
信じていたからこそ、疑問を感じた方もいるわけで、それは向上の有無で判断されることではありません。
新興宗教と言うリスクを背負いながら信仰することを選んだわけで、全員が全員信じていなかったと言えるものではありません。
それなら、信徒に「病気が治る」なんて勧誘をさせるな。
「水子が成仏できないでいるけれど、苑なら成仏できる。」なんて言わせるなという話です。
あ、こういうのもペーパー信者が勝手にやっているんですよね、きっと。
馬鹿にするのも大概にして欲しいのです。




同じ人がせっせと金太郎飴というか定型文というか
何の進歩もない毒々しい文章をネットに広めていますが、
ネットによる偏見や嘲笑を真に受けた心ない人たちの言動で
お母さんが傷つくことがあるかもしれません。
→新興宗教を信仰しているのです。
そのリスクは当人が受けるべきです。
何を甘いこと言っているのでしょうか?

何の進歩もしないのは、ずっと同じ被害報告、相談が上がり続けているからで、
何も進歩、改善していないのは、真如苑自体であることを、この信徒さんは肯定しています。


娘であるあなたがたとえ信仰はしなくても
変な宗教ではないということを理解してくれれば喜ぶかと思います。

他の回答でも詳しく真如苑について書きました。
浅い信心ですが教えの大まかなことは書けたと思います。
→ほんとに浅いですね。浅すぎる。


新興宗教の危険なところは、苑の教えが正しい、理解できないほうが悪い
という感覚を有するようになることだとつくづく思います。
「教えを理解していない。」「向上ができていない。」
都合の良い言い訳だと思います。

これでは他のまともな信徒の方が気の毒です。





プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。