スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うに

肉親が真如苑を信仰するに至った理由にはそれなりの理由があったのだと思っています。
その要因に自分自身が絡んでいることもある、、、。
益々はまり込んだのは家族の反対にあったと思います。
全て苑の責任にするつもりもありませんし、未だに親だし、、、と思っている部分もゼロではありません。
だからといって、大人しく真如苑を受け入れる気も妥協する気もありません。
今までだって信者家族はは信仰を隠れ蓑にして好き勝手やってきているわけです。
毒を振りまいているわけです。
こんなやったもん勝ちの状況を受け入れる気もありません。
例え肉親であっても、自分の得れる幸せを潰す相手なら私は敵だと思います。
親に感謝、産んでくれたことに感謝、、、そんな感謝の貯金はとうにマイナス収支になっています。
未成年者や成人でも親が信者で困っているという方の書き込みやメールを読むといつも思います。
過度な信仰を持ち、こちらに悪い影響を与えるなら、相応の仕打ちを返すべきです。
法律上、親子関係を絶縁をすることはできません。
ですが通達を出すことはできます。
物理的に絶縁をすることはできます。
法律上、子は親の面倒を見なくてはなりませんが、かといって履行しなかった場合の罰則はありません。
私の信者親のように今まで好き勝手やってきたうえで、老後の面倒を見ろ、孫に会わせろなんて虫のいい話を聞く気は私はありません。

絶縁は「絶縁してしまった。」といううしろめたさを抱えることになります。
親が信者なら、何かが起きも自分で抱え込み対処することになります。
あてにすることはできません。
でも、それは自分が選択した結果のリスクです。
信者肉親との精神と身を削るような息苦しさの生活と、自己責任で生きる信仰の干渉の無い生活、冷たく損得勘定してみてください。
どちらが幸せですか?
誰があなたの敵ですすか?
何があなたの幸せを阻むものですか?
関係を断ち切ったら状況は解決しませんか?
原因の対象物には理屈や説得が通じる相手ですか?
まともにやって勝てますか?
逃げれる時に逃げるのは戦術的に絶対に間違っていることではありません。
卑怯なことでは決してありません。
逃げる、絶縁する、、、まわりの外堀を埋めて準備をし、決断、行動をすればいいんです。
これだって立派な選択です。
絶縁すれば信者肉親の葬式等も出れないかもしれません。
信者肉親寄りの親戚から批判を受けることもあるかもしれません。
でも、どんなことにも行動にはリスクが伴います。
何も傷つかずに、努力も無しに何も得ることなどできません。
なら少しでも前向きに自分が一番幸せになれる選択とそのために必要なリスクを背負いましょう。

これは信者にしてもそうです。
家庭破綻、友人関係崩壊、社会的信用の低下というリスクが伴うことを新興宗教を信仰している信者は知るべきです。
そして、そのリスクを背負わせるべきです。
今まで信仰を隠れ蓑にして好き勝手やってきているのです。
精進が足りない、もっと接心やら護摩やらやらなけりゃ!で逃げてきているのです。
そろそろ精算させて相応の報いを与えてもいいはずです。
自分たちの御先祖さんに責任を転嫁している汚く卑怯な連中なんです。
自分の子孫があなたが存在したことが自分の苦しみの原因なんだ!だから護摩を炊く!なんてマヌケなことを始めたら、あなたはどう思いますか?
そんな先祖を冒涜、侮辱する失礼な話がありますか?!
今までこうやって他者になすりつけ、現実的な選択や努力から逃げ、信仰に甘え、逃げてきたのです。

彼らは新興宗教を信仰として選択しているのです。
新興宗教を信じている、、、おおっぴらに言えますか?
会社やバイト、進学の面接で新興宗教団体を信仰しているとおおっぴらに言えますか?
恋人、友人に新興宗教を信仰しているとおおっぴらに言えますか?
信仰することによって伴う社会的なリスクは他にもたくさんあります。
早朝奉仕や護摩焚きや接心なんかじゃ解決できない現実の壁を彼らは知るべきです。
というか気づかせるべきです。
信仰に逃げるなら逃げさせればいいんです、どうせ信仰じゃ解決しません。
現実の壁に目を背け信仰にさらに逃げたって、そんな他力本願で解決なんかしません。
全親戚に疎まれ、子供、家族に疎まれ、近所から後ろ指さされ、それで信者家族がボロボロになろうが孤独な死を迎えようがそれこそ信者家族本人の自己責任です。

最後の最後には気づくかもしれませんが、そこまでこちらが人生背負いこむいわれはありません。
繰り返しますが信仰を逃げ場にして今まで逃げていたのです。
その代価を自分自身に払わせてやればいいんです。

悔しくありませんか?
霊だのなんだの目の見えないものに怯え、接心だの精進だのをせざるおえない、気の毒な人達に好き勝手やられるのは?
今で好きに信仰や親という立場でやってきているのです。
やり返しませんか?
こんなくっだらないものを真に受けている人間たちにあなたの苦労や幸せを否定されても良いのですか?
あなたはあなたです。
あなたの努力も幸せも不幸も何もかも自分のものです。
新興宗教の真如苑如きに選択を預けて良いような安っぽいものではありません。

理論武装、準備、根回し、法律的な知識を得て反抗しましょう。
相応の報いを与えてやりましょう。
私たちにはその資格があります。

なーんて思います。

補足 2012/05/01
ある信者さんの話だと、苑の護摩は「先祖への感謝を伝える手段」だそうです。
ちなみに護摩は一枚¥500になるそうですが、1枚で護摩は済まない言い回しをされることも聞いていますし、
えー感謝って、お墓にお花や好物を備えたり、たまに手を合わせたりお盆等でお墓に参るんじゃダメなんですか
ね?
スポンサーサイト
プロフィール

緋色

Author:緋色
親が真如苑に嵌っています。

私は親越し、直接会った他の信者さん、真如苑の事務員さん越しに接触した真如苑を疑問の目で見ることしかできません。
信者親や他の信者さんからは、勝手に無断入信させられたり、因縁を持ち出し、酷い目に遭う等と脅されたり、真如苑の事務員さんは
都合の悪いことは信者さんになすりつけ、無断で入信できるシステムを放置することも私は理解できません。
ですので、私はアンチの立場です。

更に細かい理由、事実の経緯はブログ内の記事を参考下さい。

信条として、ご先祖さんは自宅の仏壇に時々祈ったりお供えしたり、盆にお参りして一生懸命に人を騙さず生きていればそれで十分喜んでくれて供養になり、自分が死んでもこれくらいしてくれれば十分だと思っています。
自分が酷い苦しみと絶望のうちに死んだとしても、子孫に恨みつらみ苦しみは絶対に残したくない、、、。

幸せに生きて欲しいと心から願っています。

管理人緋色へのご連絡用
100%の返信は保証できませんが、ご相談、被害報告、情報等、御受けしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

緋色のblogの掲示板
当ブログの掲示板です。 情報交換、被害報告等真如苑に関することや、メールフォーム、コメント以外で管理人の緋色に連絡する場合等に御使用下さい。                 掲示板へ←クリック 

下は掲示板の現在の状態です。
※記事毎の閲覧や書き込みはできますが、 直接、掲示板へ移動することをお勧めします。
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
FC2リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。